2019.3.25
/
人事・組織

KPIより効果大?グーグルも使う目標管理ツール「OKR」について

(画像=patpitchaya / Shutterstock.com)
(画像=patpitchaya / Shutterstock.com)

ビジネスを推進するにあたり、目標管理は必須のフレームです。目標管理ツールには他にもKPIやMBOなどが存在しますが、それぞれに切り口が異なっています。

最近、グーグルなどの有名企業が用いている目標管理ツール「OKR」に注目が集まっています。OKRの特徴は、目標管理を分析してゆき、最終的には個々人の目標にまで落とし込めるところにあります。本稿では、マネジメントに成果をもたらす目標管理ツール「OKR」について解説します。

OKRとは

OKRはインテルの元CEO、アンディ・グローブが開発した目標設定・管理ツールであり、今やインテルのみならず、グーグル、フェイスブックなどの数多くの企業でも導入されています。

OKRとは「Objective and Key Result」の頭文字から取った略称で、直訳すると「目標と主要な成果」と言う意味合いになり、目標である「O」に対して、「KR」が付帯するようなかたちになっています。OKRの価値を具体的に述べると、①私はどこに向かうのか(目標の設定) ②現状をどう把握しているのか(目標達成への成果)の2つに解をもたらすものとなっています。

OKRの使い方

OKRはまずObjective(目標)を設定します。目標は、プロジェクトメンバー全員が共有できるような野心的なものを設定することです。また期限も明確に定めることで、よりやる気を出すことにつながります。

KRは目標に対して、より定量的で具体的な内容を3点程度設定します。これは少々難易度が高くても、努力次第で達成できるようなものにすることが望ましいとされています。また、トップダウン式であれば、このKRを企業単位・事業単位・プロジェクト単位・メンバー単位などに細かく分けて落とし込んでゆくことで、最終的にはメンバー個々人にまで達成すべき目標が明確化されるようになっています。

KPI・MBOとの違いは?

OKRを扱うと、多くの人はKPIやMBOとどう違うのだろうかと思いがちです。両者と比較したOKRの強みは2点です。一つ目は「人の流れがスムーズであること」であり、そしてもう一つは「目標を大きく掲げられること」にあります。KPI・MBOは、あくまでも目標達成に向けた指標もしくは評価制度と言った面が強く、掲げる目標も現実的になりがちです。

例えばMBOの目標が達成できなければ、評価は自然と下ることになるでしょう。一方、OKRの場合、目標達成率は60~70%程度で良いとされています。つまり、それだけ果敢にチャレンジし、そしてそのチャレンジのためにチーム内でのコミュニケーションがより活発化することに大きな違いがあるのです。

OKRのデメリットは?

上述したようにOKRは、従来では難しかった高い目標設定を可能にする上、それに果敢に挑戦できるような社員のやる気とコミュニケーションの活性化を引き出すツールです。特筆すべきは、企業単位でOKRによる目標を掲げれば、社員一人ひとりが目に見えるかたちで自分の挑戦すべき課題が見えてくると言うことでしょう。

一方で、OKRにもまったくデメリットがないわけではありません。OKRは四半期程度の期間を設定することでわかりやすいモチベーションアップを促します。そのため、あまりにも長期的かつ単純作業的なプロジェクトや、もしくは四半期にも及ばずにどんどん方針や目標が変わってゆくような環境では、その価値はやや発揮しにくくなると言えるでしょう。また、OKRはあくまでも目標達成に向けたツールであって評価などを下すには、少々時間がかかることもあります。

人に重きを置いたツール

このようにOKRはスムーズなコミュニケーションを生み出す、人に重きを置いた目標達成ツールだと言えます。目標設定を行う際、OKRを活用してみたら今までとは違った良い成果に結びつくのではないでしょうか。



>>専門家に相談してみる
>>無料のeBookはこちら
 

【貴方にオススメ】
「ネット炎上」に対する、人事労務の対策方法
ケースごとに異なる経営者の社会保険加入の必要性
【社会保険未加入】経営者の勘違い節税と大きなリスクが!
加入要件改正となった社会保険。事業主にとってのメリットは?
出向社員の給与や社会保険はどちらが負担?

PREV 新時代のマネジメント 社員一人ひとりが自主的に活動する「ティール組織」とは